うわっ…壁紙、ダサすぎ…!賃貸の壁を傷つけず壁紙を貼る3つの方法

物件選びの際に、間取りは完璧なんだけど壁紙の色や模様が残念…
なんて事はありませんか?
今回は賃貸でもそんなお悩みを解決する方法を紹介致します。

壁を傷つけずに好きな壁紙を貼る方法って?

1.ホッチキスで壁紙を貼る。

ホッチキスで壁紙を貼る。

おすすめ度

壁への安心度

貼り方は簡単。お好きな壁紙をホッチキスで留めます。

ホッチキスを多くとめないと貼れないようです。
壁紙の色にもよりますが、結構芯が目立ってしまいますので
気になる場合は壁の補修材など使い、芯を隠せば目立たなくできます。
壁への負担はホッチキスぐらいの穴なら全然目立たないので問題は有りません。


2.マスキングテープと両面テープで壁紙を貼る。

マスキングテープと両面テープで壁紙を貼る。

おすすめ度

壁への安心度

部屋の壁紙をいためないようにマスキングテープをはり、
その上から両面テープで壁紙を貼る方法です。

マスキングテープは剥がしやすく、べたつき等が残らないのでいい方法だと思います。
しかし、壁紙を貼る際に仮どめを画鋲で行います。
管理会社にもよりますが、賃貸では画鋲を同じ箇所に大量に刺した跡がない限り特に言われないようです。
それでも気になる方は、ピン跡が目立たない Ninjapin(ニンジャピン)
をおすすめします。
仮どめをホッチキスでやるのも良いかもと思いましたが、ホッチキスを外す際に
新しく貼る壁紙を傷つけたり破いたりする可能性が高いのでおすすめできませんね。


3.剥がしやすい専用のりで壁紙を貼る。

剥がしやすい専用のりで壁紙を貼る。

おすすめ度

壁への安心度

輸入壁紙専用粉のり スーパーフレスコイージー
を使って貼る方法です。

結構良い方法ですが、賃貸の壁紙の種類と新しく貼る壁紙に制限が有ります…
必ずビニール壁紙の上に貼らないといけません。
日本の壁紙の約90%以上はこのビニール壁紙が使われてるので賃貸なら大体いけると思います。
良く見る白でぼこぼこしてる壁紙とかがそうですね。
不織布壁紙以外の壁紙は剥がす際に裏地が残ったりするみたいです。
剥がす際に壁に残ったのりは水拭きで簡単に取れます。
使用方法を守れば全然問題ない方法ですね。


まとめ

それぞれ多少のデメリットも有りますが;
この方法なら貼った壁紙に飽きたら張り替えもきき、
簡単に剥がせますので退去の際に問題無く原状回復できますね。
最悪、今回の方法で空いた穴ぐらいならクロスの穴うめ材
で簡単に補修可能です(笑

壁紙だけでかなり部屋の印象が変わります。
賃貸だから…と諦めず、部屋に変化を起こしたい方、壁紙を貼ってみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

イイズナ

イイズナ

某インテリア店で働いてた経験を行かし、イイテリアの運営を行っております。
私ひとりで更新していますが、皆様になるべく多くのイイ商品との出会いのきっかけを作る様に更新します。
どうぞ宜しくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る